これからの世界に繋がっているもの

自分や誰かの考えではなく、
自分に訪れる人、もの、出来事、環境の一つひとつに触れた時に、
自分のこころが同調するものに意識を向けると

いつも自然体で居られる。

訪れる現実が

自分が望んでいる世界であればそのままこころを向け、

そこに溢れる感情を味わい、

自分が望んでいない世界ならば、

その反対にある自分がこころの真ん中で望む世界にこころを向け直し、

そこに溢れる感情を味わい尽くす。

あなたに訪れるすべてがあなたの魂の導きであり、

意識を使って望む世界にこころを向け続ける事が、

信念を生み、

その世界に触れて溢れる感情を味わい尽くす事が、

望む現実を引き寄せる力を増大させる。

そこに溢れる感情がネガティブかポジティブかは重要ではない。

なぜなら、感情は自分が発した意識が望む世界に向けられているかどうかを知らせる為にあなたに訪れるからだ。

つまり、あなたが見ている現実が魂の導きに沿っているかを教える為に自然に溢れてくるので、

意識的にコントロールする事はできない。

逆に、自分の意識を常に自分の望む世界に向ける事は大切である。

なぜなら、あなたが意識したものがエネルギーとして潜在意識を通して発せられ、

そのエネルギーに共鳴するものを引き寄せるからだ。

魂の知らせをそのままに受け取り、

自分の意識を使って今のあなたのこころを

望む世界に向けるのか、

望まない世界に向けるのかを

あなたが決める事ができる。

自由意志に基づいて、

あなたはあなたの人生を創造できる。

今目の前にある現実ではなく、

今自分が意識を使ってこころに描くイメージが

これからの世界に繋がっている。