美しき世界☆

(null)

左眼を通して自我の描く世界を観ながら右眼を通して真我の描く世界を観る。

だから同じ世界を観ながら、悲しみにも喜びにも感じる事ができる。

そんな世界で僕たちは今を生きて、様々な経験をし、学び、成長していく。

神我である本来の輝きを思い出す為に。