タグ別アーカイブ: 真の自己

今ここを生きる意味

《純粋な意識》

神を観る意識

*意識とは立つ日の心を知ること。

*立つ日とは真の自己を実現する瞬間のこと。

*実現とは真の“実”相を“現”すこと。

*真の実相とは神であるわたしのこと。

 

わたしは自分自身の真実(真の実相・真の自己)の創造者です。

 

わたしはわたしに「ただ在る状態(真の実相)」でいることを許します。

 

《今ここを生きる純粋な動機》

神を観る意識と感情的理解を通してわたしにとっての喜びとは何かを知り、わたしを知り、愛を知り、神を知る。

 

わたしの独自性のある意思は神のご意思です。

*意思とは立つ日の心(感情)を思うこと。

 

《理念・理想》

*理念とは“今”の“心”の在り方(感情が示す方向)を“理”解すること

*理想とは真の実“相”の“心”(感情)を“理”解すること。

 

《今ここを生きる意味》

*意味とは立つ日の心を味わうこと。

感情(内なる導き)を通して歓喜と至福を味わう。

この感情の中に美しき実相の世界が創造される。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

“今”

わたしという人生の一番の立役者はわたしという存在すべての創造の根源であるわたし

人生のプログラミングは生まれる前にしている。

自分自身が、それをいつ、どのようにアクティベートさせるのかを “今” 決める事ができる。

過去も未来も “今” という瞬間の連続性の中にある。

毎瞬、毎瞬をどう生きるか

真の自己を生きるのか

自己創造・自己表現・自己実現を通して経験と学びと成長を得るのか

今ここでどのような感情を味わいたいのか

どの選択も自らの内に存在する神への道

どんな道を選んでも必ずたどり着く境地

それが神

それが真の自己

感情を味わう

意識が五感を通して感じられる世界を生成する。

どんな感情を味わいたいのかに意識を向けるとその意識に沿った世界が生成される。

その中で行動する事で感情が生まれる。

その感情がポジティブだと感じるものであれば真の自己が味わいたいと思っている感情であり、ネガティヴだと感じるものであれば、意識を向ける方向が本来の自分が観ている方向とは違うよと教えてくれている。

感情を味わう事が今の意識の方向性と真の自己を知るきっかけをくれる。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

真の自己

真の自己

神我が創造し、自我が行動し、真我がその美しさを観じる。

神我 創造者

真の自己創造

自我 表現者

真の自己表現

真我 傍観者

真の自己実現

完全なる自分

今に立ち、自我の過去と未来への意識にゆがみがなく、真我が発するエネルギーのすべてが愛と光であり、神我が創造する世界が完全・完璧である時、今ここに神を観る。

真の自己を生きる

[真の自己を生きる]

《自己創造》

純粋な意識を創造する

《自己表現》

神を現す

《自己実現》

より神となっている自己に気付く。

[もし真の自己を生きていなければ]

外に向いている意識を内へと向け直す。

呼吸を整える。

内なる平安を感じる。

カラダとこころで感じ、観じていることを観る。

今ここで一番在りたい自分を生き、今ここで一番やりたいことに愛と思いを込めて命を注ぐ事を自分に許可する。

今ここで一番在りたい自分を生き、今ここで一番やりたいことに愛と思いを込めて命を注ぐ。

感謝と祝福の中、経験と学びと成長を通して気付きを得る。

『より深く観じたい方はこちらへ』