タグ別アーカイブ: 感覚の世界

観念の世界と感覚の世界

わたしたちはふたつの世界を行き来しています。

ひとつはこころで観じる実相の世界で、この世界は自分が意識を向ける方向に伴って自由に想像し、創造できる観念の世界です。

もうひとつは五感で感じる“現実”と言われる世界で、意識的であれ、無意識的であれ、こころで観じている世界を五感を通して現し、経験し、学びと成長を得る感覚の世界です。

現実は実を現すと書くように、こころで観じている実相を現す事を言います。

もしも五感で感じる世界にネガティブな感情を生む存在があるのなら、それは実相の世界において自分の意識がネガティブな方向に向いていることが原因です。

実相の世界は、本来ならば誰にも邪魔される事なく自由に想像し、創造できるので、自分が美しいと観じる世界を描けるはずですが、

自分の意識がネガティブな方向に向いていたり、常識や誰かに言われた言葉などの自分以外の意識を、‘意識的’または‘無意識的’に加えてしまう事で、ネガティブな感情が溢れてしまいます。

ネガティブな感情がこころに溢れると、

「今ここに与えられている現実は自分が望む世界ではない」

「こんな感情は味わいたくない」

と無理に意識を外そうとすること自体がネガティブな意識を強めてしまうので、

望まない現実を創造するための人、もの、出来事、環境ばかりを引き寄せてしまいます。

ネガティブな感情を味わっている自分や状況を責めて、より深くネガティブな感情を感じる事もできますが、

ネガティブな感情を味わい尽くし、こころの底からその感情を手放したいと思っている自分に気が付いたら、

1、笑顔を作り、深呼吸しながら呼吸を整えます。

2、ゆっくりと呼吸しながら、カラダを出入りする空気に意識を向けます。

3、五感を研ぎ澄まし、ただただカラダに感じる感覚、こころに溢れる感情を味わいます。

4、カラダに感じる違和感、こころに感じる拒否感がなくなり、心地よいと感じるまで続けます。

5、こころが落ち着いたら、この感覚を味わう機会をくれた自分自身に感謝と祝福を捧げます。

「わたし、ありがとう」とこころでつぶやき、自分自身を愛の光で包み、満たします。

いつも、いつでも、どんな時も、どのような意識でこの世界を感じ、観じるのかを今の自分が決める自由を持っていると知っていてください。

内なる平安に満たされるのに、こころびとカラー音叉チューニングサウンドがお役に立つかもしれません。

内なる神との繋がり

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN