神意識とは『よろず円満大調和、すべてよし』という意識

座標軸のすべてがゼロ地点

誰かの意識、なにかの意識がそこに存在しているからこそひとつとしての全体を成している。

自分から観てマイナスの位置にあっても誰かの視点から観るとプラスの位置にある。

無限に広がる内なる宇宙で座標軸自体がさまざまな角度で存在し、自分からは斜めに観える世界をまっすぐに観ている存在がいる。

自分が対面する存在は自分がマイナスだと観じている点をプラス座標に置いて観ている。

マイナスだと思う思考とプラスと思う思考がその点で一体となって調和している。

相容れない思考は存在しない。

その思考に対する相容れない意識があるだけだ。

神はすべてをそのままに受け入れる。

神意識とは『よろず円満大調和、すべてよし』という意識を言う。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

美しいと思えるこころが美しい

・美しいと思えるこころが美しい

何に対して美しいと思えるのかを知る以前に美しいと思えるこころの在り方を知るとより深く美しさを味わうことができる

・共鳴するエネルギー、協調する周波数

今目の前に広がる世界、共鳴するエネルギーにどのように協調するのかを今の自分自身で決めることができる。

和音ドミソにもオクターブで共鳴の仕方が変わる。

・チューニングとは調律のこと

こころを調(ととの)えること

こころびとカラー音叉チューニングサウンド

自分が美しいと感じるこころで目の前に広がる世界にこころを満たしていると意識がより純粋な意識と協調する。

・意識に従って変化する

意識によってこころが調律され、それに伴い、共鳴するエネルギーが変化し、目の前の世界に変化が現れる。

絶え間なく雲の形が変わり、風が吹き、波が浜辺に打ち寄せている地球のように新しいエネルギーが創り出され、新しい世界を創造する。

・創造主である自分、表現者である自分、傍観している自分

自分自身の意識で目の前に広がる世界を創造している自分

自分自身の感情を感じ、こころで思いの一つひとつに触れ、内なる衝動に導かれてこころとカラダで表現している自分

自分が創造し、表現している自分を観じている自分

この経験と学びと成長を通して、自分自身を知り、愛を知り、神を知る。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

こころに溢れる思いを一つひとつ大切に味わう

「その感情を味わいたかったんだね」

と、ネガティブな感情を味わっている自分自身をも愛し、許し、受け入れる。

ネガティブな意識を持っているから感じられるネガティブな感情を味わっている自分自身をそのままに受け入れる。

こころに溢れる思いが、ネガティブであろうと、ポジティブであろうと、今ここでしか味わえないものだと知っているから。

こころのままに、こころそのままに、今ここを生きている自分だからこそ、美しさを、豊かさを、幸せを全身で感じることができる。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

自分の意思で決めることができる

美しいと思えるこころでいるから、美しさに気付き、感じる事ができます。

目の前や世界中でどんな事が起こっていても、

今ここでどんな感情を味わうのか、

どんな意識でこころに映る世界を観るのかを

今の自分が決める事ができます。

ポジティヴな感情を味わう事も、ネガティブな感情を味わう事も、

こころに映る世界に対して、ポジティブな意識を向ける事も、ネガティヴな意識を向ける事も

はたまた、外の世界に向いている意識を自分のこころとカラダに、観感の世界に向け直す事も

今の自分が決める事ができます。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

観念の世界と感覚の世界

わたしたちはふたつの世界を行き来しています。

ひとつはこころで観じる実相の世界で、この世界は自分が意識を向ける方向に伴って自由に想像し、創造できる観念の世界です。

もうひとつは五感で感じる“現実”と言われる世界で、意識的であれ、無意識的であれ、こころで観じている世界を五感を通して現し、経験し、学びと成長を得る感覚の世界です。

現実は実を現すと書くように、こころで観じている実相を現す事を言います。

もしも五感で感じる世界にネガティブな感情を生む存在があるのなら、それは実相の世界において自分の意識がネガティブな方向に向いていることが原因です。

実相の世界は、本来ならば誰にも邪魔される事なく自由に想像し、創造できるので、自分が美しいと観じる世界を描けるはずですが、

自分の意識がネガティブな方向に向いていたり、常識や誰かに言われた言葉などの自分以外の意識を、‘意識的’または‘無意識的’に加えてしまう事で、ネガティブな感情が溢れてしまいます。

ネガティブな感情がこころに溢れると、

「今ここに与えられている現実は自分が望む世界ではない」

「こんな感情は味わいたくない」

と無理に意識を外そうとすること自体がネガティブな意識を強めてしまうので、

望まない現実を創造するための人、もの、出来事、環境ばかりを引き寄せてしまいます。

ネガティブな感情を味わっている自分や状況を責めて、より深くネガティブな感情を感じる事もできますが、

ネガティブな感情を味わい尽くし、こころの底からその感情を手放したいと思っている自分に気が付いたら、

1、笑顔を作り、深呼吸しながら呼吸を整えます。

2、ゆっくりと呼吸しながら、カラダを出入りする空気に意識を向けます。

3、五感を研ぎ澄まし、ただただカラダに感じる感覚、こころに溢れる感情を味わいます。

4、カラダに感じる違和感、こころに感じる拒否感がなくなり、心地よいと感じるまで続けます。

5、こころが落ち着いたら、この感覚を味わう機会をくれた自分自身に感謝と祝福を捧げます。

「わたし、ありがとう」とこころでつぶやき、自分自身を愛の光で包み、満たします。

いつも、いつでも、どんな時も、どのような意識でこの世界を感じ、観じるのかを今の自分が決める自由を持っていると知っていてください。

内なる平安に満たされるのに、こころびとカラー音叉チューニングサウンドがお役に立つかもしれません。

内なる神との繋がり

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

内なる世界に敏感になる

周りに鈍感である時、内なる世界に敏感になっている。

五感を通して見る世界に触れて、無理に何かに気付こうとしなくていい。

意識を内に向け、内なる平安を観じることを自分に許し、内なる平安を味わうだけで、

五感を通した世界の美しさに気付く事ができるのだから。

より純粋な意識へ

何かにこだわりを持っていると気付く瞬間、より純粋な意識へと向かう準備が整ったことを知る。

自分がネガティヴな意識を向けている目の前の世界がそのきっかけをくれ、その世界を見ている自分自身がより純粋な意識へと一歩進む機会をくれている。

『自分の内側を喜びと美しさで満たす』

そのために必要な時間はこころに喜びを感じ、美しさを観じることを自分に許すまでの時間。

いつも、いつでも、どんな時も自分自身でどんな感情を味わうのかを決めることができる。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN

どんな世界を見て、どんな感情を味わうのかを自分自身で決めることができる

五感を通して感じている存在に対して評価論評するのではなく、

五感を通して感じている自分自身がどのような意識を持ち、何を思っているのかを観じる。

五感を通して感じているすべては神の現れであり、自分の意識(自意識)を通して内なる神がその世界を創造してくれている。

いつも、いつでも、どんな時も自分の意識を通して内なる神が見せてくれている世界を感謝と祝福をこころに抱きながらそのままに味わうこと

そして、自分の意識の方向性を観じ、自分のこころに溢れる思いの一つひとつを大切に感じること

毎瞬、毎瞬、自分自身を観じ、感じる。

どのようなことにどんな意識を持っているのか、どんな思いがこころに溢れているのかを知り、理解する。

トイレの汚れを見て「汚いな~、触りたくない」と思う事も、「この汚れを取ることを通して自分が美しいと思える世界を創造する機会をくれている」と思うことも

今の自分が決めることができる。

自意識を通して何を見て、どのように表現し、五感を通して感じる世界をどのように創造するのかを自分自身が決められる。

どんな意識を持ったとしても、内なる神はいつも、いつでも、どんな時もその意識に沿った世界を創造してくれている。

こころのままに、こころそのままに、目の前に広がる世界を感謝と祝福を捧げながら味わい尽くすことができたら最幸だなと思います。

ありがとうございます。

こころびとJUN

“わたし”という存在

何かに触れて、こころが動く(感動する)のは本来の自分と共鳴するから。

愛を、美しさを、神を、わたしを観る意識を持って、今の意識に繋がる人、もの、出来事、環境を通して五感で感じる。

その感覚を研ぎ澄ました先にこそ、本来の美しい実相の世界が広がる。

いつも、いつでも、どんな時も、自分自身が何に意識を向けるかを決めることができる。

“わたし”とは意識を向けている自分自身

愛を観る意識も、美しさを観る意識も、神を観る意識も、“わたし”が決め、その意識を通して目の前に広がる世界を創造している。

こころのままに、こころそのままに

ありがとうございます。

こころびとJUN